本文へスキップ

前立腺がんは早期の発見と治療が大切です。原因、症状、検査、治療を知っておきましょう|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> > 前立腺肥大症との違い

前立腺肥大症と前立腺がんの違い

 前立腺癌と前立腺肥大症は排尿障害などの症状が似ているため、前立腺肥大症が進行すると前立腺癌になると思われがちですが、まったく異なる病気です。どのような違いがあるのか知っておきましょう。

目次



前立腺がんと前立腺肥大症はまったく違う


前立腺癌を説明する医師 前立腺は尿道を覆うように位置するため、前立腺がんと前立腺肥大症は進行するといずれも同じような症状(排尿障害など)が現れます。どちらの病気も症状が似ていることから、前立腺肥大症から前立腺がんに進行すると考えている人がいますが、それは間違いです。

 前立腺がんと前立腺肥大症はまったく別の病気であり、発症する部位も、発症するメカニズムも異なっています。

 前立腺肥大症は尿道を取り巻く前立腺の内腺に多く発症しますが、前立腺がんは前立腺の外側に位置する外腺に発症します。この腫瘍と尿道との距離が自覚症状として感じるまでの時間差に現れ、前立腺がんは腫瘍と尿道との距離があるために、排尿障害が起こるのも遅くなります。

病院を受診したくない男性 つまり、前立腺がんで排尿障害が起きた時には、それだけ癌が進行していることになります。排尿障害が起きた際に前立腺がんを疑わず、歳のせいにしたり、前立腺肥大症だろうと思い込んで受診しなければ、さらに癌は進行してしまいます。自覚症状を感じたら速やかに病院を受診しましょう。

前立腺がんと前立腺肥大症の決定的な違いは?


 前立腺がんも前立腺肥大症も腫瘍であることに変わりありませんが、決定的な違いは前立腺肥大症が良性腫瘍であるのに対し、前立腺がんは悪性腫瘍であるという事です。

 良性腫瘍は決して体に良いものではありませんが、増殖のスピードが遅く、転移することもほとんどありません。切除すれば再発することもほとんどなく、切除せずに経過観察だけする場合もあります。
悪性腫瘍のイラスト
 一方、悪性腫瘍は増殖のスピードが速く、転移の危険性もあります。切除しても再発する危険性もあり、生命に危機を及ぼすこともあります。

 前立腺肥大症を発症すると排尿障害などの症状は現れるようになりますが、良性腫瘍であるため放っておいても命を脅かすようなことはありません。しかしながら、前立腺がんは周囲の骨盤や脊椎、リンパ節に転移するため、放っておくと癌が進行して死に至ります。

 前立腺がんは骨に転移しやすいという特徴があり、前立腺がんで死亡する人の3人に2人は骨転移が起きています。



関連記事
前立腺とはどんな臓器?
位置と役割
前立腺癌とはどんな癌?
原因は一体なに?
知っておくべき4つのポイント
ステージ分類(病期)はどうやって行う?
悪性度(グリソンスコア)の判定方法
前立腺癌の症状とは
初期症状と痛みをチェック
早期発見するには何をする?
健康診断で発見可能?
前立腺癌の治療には何がある?
どうやって進めるの?
前立腺癌の手術はどうやって行う?
外科的治療の術式解説



原因

症状

検査

治療

手術

治療後の後遺症


アクセスランキング
1 初期の前立腺癌は無症状?どんな症状が現れるの?
2 前立腺ってどんな臓器?どこでどんな働きをしているの?
3 早期に発見するには何をすべき?検診で見つけられる?
4 前立腺癌はどうやって検査するの?何がわかるの?
5 治療はどうやって進める?根治を目指すにはどうしたら?
6 原因って一体なに?どうして患者が増えてるの?
7 前立腺癌の腫瘍マーカーであるPSA検査とはどんな検査?
8 直腸診ってどうやってする?前立腺の何がわかるの?
9 ブラキセラピーとはどんな治療法?痛みや副作用はないの?
10 HIFU(高密度焦点式超音波療法)はどんな治療なの?


あわせて読みたい前立腺がんトピックス
前立腺肥大症と前立腺癌は何が違う?いずれは癌になるの?
手術にはどんな種類があるの?手術すれば再発はしない?
前立腺癌のホルモン療法とはどんな治療?治療に伴う副作用はないの?
前立腺癌の放射線治療にはどんな種類があるの?根治は期待できる?
治療は後遺症が避けられない?後遺症のリスクはあるの?
前立腺癌の進行具合を表すステージ(病期)はどうやって分類するの?
悪性度を決めるグリソンスコアとは?どうやって決めるの?