本文へスキップ

前立腺がんは早期発見・早期治療が大切です。前立腺がんの原因、症状、検査、治療を知っておきましょう!

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

前立腺がんの検査(直腸診)
直腸内指診からわかる事とは

目次


直腸内指診とはどんな検査?


 直腸内指診(以下、直腸診)とは、医師がゴム手袋の指にゼリーをつけ、肛門から直接指を入れて前立腺の大きさや硬さを触診する検査です。前立腺は直腸のすぐ隣にあるので、肛門から指を入れると直腸の壁越しに前立腺に触れることができます。

前立腺と直腸の位置関係のイラスト

 直腸診を受ける際は、ズボンを下げてベッドの上で側臥位と呼ばれる横向きになるよう指示されます。医師は手袋をはめた人差し指か中指にゼリーを塗り、肛門からゆっくり指を挿入します。そして指の腹側で直腸の壁越しに前立腺に触れ、前立腺の状態を調べます。

 肛門から指を入れて行う検査のため、多くの患者が直腸診に抵抗を感じますが、医師が直接前立腺の状態を確認できる大切な検査ですので、恥ずかしがらずリラックスして受けるようにしましょう。


前立腺がんになると前立腺はどうなる?


 正常な前立腺は表面が滑らかで柔らかく、栗のような大きさと形をしている臓器ですが、前立腺肥大症などで肥大するとゴムのような弾力性を持つようになり、直腸内に突き出てくるようになります。

前立腺のイラスト さらに前立腺が癌になると、表面は石のように硬くなり、ゴツゴツしてきます。医師は直腸の壁越しに前立腺に触れることで、前立腺の硬さや表面の状態(デコボコしているか)、大きさが左右対称かなどを調べます。直腸診を受けた患者のうち、20〜40%に異常が発見されるとされています。

 直腸診は医師が直接前立腺の状態を確認できる大切な検査ですが、医師が指で触れられるのは前立腺の背中側だけであり、お腹側に癌が出来ている場合は触診で確認することができません。

 また、早期の前立腺がんを触診で見つける事は難しく、触診で発見できるのはある程度進行した癌です。さらに、医師の経験値や熟練度によっても検査結果は変わってしまうことがあるため、前立腺癌の検査には超音波検査PSA検査生検なども行って最終的な診断をします。



関連記事
前立腺癌の症状とは
初期症状と痛みをチェック
早期発見するには何をする?
健康診断で発見可能?
前立腺癌の検査(問診・尿検査)
腫瘍マーカー検査
PSAから何がわかる?
超音波検査はどうやって行う?
早期発見は可能?
確定診断に必要な生検とは
組織を採取方法は?
画像検査(CT・MRI・骨シンチグラフィー)のそれぞれの特徴
前立腺がんの治療には何がある?
どうやって進めるの?
前立腺癌の手術はどうやって行う?
外科的治療の術式解説