本文へスキップ

前立腺がんは早期の発見と治療が大切です。原因、症状、検査、治療を知っておきましょう|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

前立腺がんは初期症状がほとんどなく、自分で早期発見することはほぼ不可能ですが、検診では他の癌よりも比較的見つけやすく、根治も期待できる癌です。正しい知識を身につけ、積極的に検査を受けるようにしましょう。

前立腺がんの基礎知識

 前立腺がんは早期に治療を行えば約90%の人が完治します。しかし、がん初期の自覚症状が乏しく、症状が現れた時にはすでに転移していることが少なくありません。早期発見のために、前立腺がんのことを知ってみましょう。

前立腺とはどんな臓器?
位置と役割
前立腺癌とはどんな癌?
原因は一体なに?
知っておくべき4つのポイント
前立腺肥大症と前立腺癌の違い
ステージ分類(病期)はどうやって行う?
悪性度(グリソンスコア)の判定方法


前立腺がんの症状と検査

 前立腺がんには特有の症状がほとんどなく、それが発見を遅らせる原因になっています。特に初期のがんでは自覚症状がほとんどなく、あったとしても他の病気と区別するのが難しいものです。50歳を過ぎたら、定期的に泌尿器科で検査を受けるようにしましょう。

前立腺癌の症状とは
初期症状と痛みをチェック
早期発見するには何をする?
健康診断で発見可能?
前立腺癌の検査(問診・尿検査)
腫瘍マーカー検査
PSAから何がわかる?
直腸内指診(直腸診)はどんな検査?
超音波検査はどうやって行う?
早期発見は可能?
確定診断に必要な生検とは
組織の採取方法は?
画像検査(CT・MRI・骨シンチグラフィー)のそれぞれの特徴


前立腺がんの治療

 前立腺がんの治療は、がんの進行度と患者さんの状態や希望によって治療法が判断されます。一般的に発見が早いほど完治が期待できますが、がんが進行している場合は治療が難しくなります。治療法を正しく理解し、納得して治療を受けるようにしましょう。

前立腺がんの治療には何がある?
どうやって進めるの?
病院を選ぶポイントとは
待機療法とはどんな治療?
前立腺癌の内分泌療法(ホルモン治療)
前立腺癌の手術はどうやって行う?
外科的治療の術式解説
前立腺癌の放射線治療
HIFU(高密度焦点式超音波療法)とは
治療後の後遺症とは
排尿障害などに注意が必要


前立腺の病気 前立腺肥大症

 前立腺肥大症の患者数は年々増加しており、50歳以上では5人に1人が肥大症にかかっているといわれています。トイレが近くなった、残尿感がある、尿の出が悪くなったなどの症状がある場合は前立腺肥大症が疑われるので、早めに診察を受けましょう。

前立腺肥大症とはどんな病気?
前立腺肥大症の症状とは
排尿状態からわかるセルフチェック
前立腺肥大症の病状の分類
前立腺肥大症の治療とは
(薬物療法・温熱療法・手術療法)




アクセスランキング
1 初期の前立腺癌は無症状?どんな症状が現れるの?
2 前立腺ってどんな臓器?どこでどんな働きをしているの?
3 早期に発見するには何をすべき?検診で見つけられる?
4 前立腺癌はどうやって検査するの?何がわかるの?
5 治療はどうやって進める?根治を目指すにはどうしたら?
6 原因って一体なに?どうして患者が増えてるの?
7 前立腺癌の腫瘍マーカーであるPSA検査とはどんな検査?
8 直腸診ってどうやってする?前立腺の何がわかるの?
9 ブラキセラピーとはどんな治療法?痛みや副作用はないの?
10 HIFU(高密度焦点式超音波療法)はどんな治療なの?


あわせて読みたい前立腺がんトピックス
前立腺肥大症と前立腺癌は何が違う?いずれは癌になるの?
手術にはどんな種類があるの?手術すれば再発はしない?
前立腺癌のホルモン療法とはどんな治療?治療に伴う副作用はないの?
前立腺癌の放射線治療にはどんな種類があるの?根治は期待できる?
治療は後遺症が避けられない?後遺症のリスクはあるの?
前立腺癌の進行具合を表すステージ(病期)はどうやって分類するの?
悪性度を決めるグリソンスコアとは?どうやって決めるの?
超音波検査で早期発見は可能なの?


原因

症状

検査

治療

手術

治療後の後遺症