本文へスキップ

前立腺がんは早期の発見と治療が大切です。原因、症状、検査、治療を知っておきましょう|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> > 病院を選ぶポイント

病院選びを失敗しないために
病院を選ぶポイントとは

目次


病院を選ぶポイントとは


 前立腺がんの治療には非常にたくさんの選択肢がありますが、病院や医師がその選択肢を持っていなければ何の意味もありません。

総合病院のイラスト 前立腺は泌尿器と密接な関係があるため、泌尿器科があることはもちろんのこと、治療中や治療後の不測の事態に備えて総合病院を選んでおくことが望ましいといえます。

 また、どんなに大きな総合病院であっても前立腺がんの治療実績が少なかったり、治療法に偏りがある場合も注意が必要です。特にその病院が前立腺がんの年間治療例をどれくらい持っているかで、病院や医師の治療に対する熟練度がわかります。

 年間10〜20件程度では安心できるとは言えず、最低でも40〜50件以上の例数がある病院を選ぶべきです。その病院での年間治療例数はホームページで確認できるところもあり、わからない場合は担当医や窓口で聞いてみることをお勧めします。


最新設備を扱える技術を持っていること


 近年のガン治療では放射線治療の進歩が目覚ましく、治療効果でも大きな役割を果たしています。しかし、最新の放射線治療を受けられる病院は限られており、場合によっては古い装置しか持っていない場合もあります。

 粒子線治療といった最新治療の場合、建設費用も莫大であるため、日本の中でも受けられる施設はわずかしかありません。

治療を悩む男性 前立腺がんの治療において放射線治療は重要であり、放射線治療の専門医が病院にいることはもちろんのこと、外部照射や内部照射(ブラキセラピーなど)の療法に対応していること、放射線治療の高度な治療計画を立てられるコンピュータ設備があることなどが、病院を選ぶ際のポイントとなります。



関連記事
前立腺がんの治療には何がある?
どうやって進めるの?
待機療法とはどんな治療?
前立腺癌の内分泌療法(ホルモン治療)
前立腺癌の手術はどうやって行う?
外科的治療の術式解説
前立腺癌の放射線治療
治療後の後遺症とは
排尿障害などに注意が必要
ステージ分類(病期)はどうやって行う?
悪性度(グリソンスコア)の判定方法



原因

症状

検査

治療

手術

治療後の後遺症


アクセスランキング
1 初期の前立腺癌は無症状?どんな症状が現れるの?
2 前立腺ってどんな臓器?どこでどんな働きをしているの?
3 早期に発見するには何をすべき?検診で見つけられる?
4 前立腺癌はどうやって検査するの?何がわかるの?
5 治療はどうやって進める?根治を目指すにはどうしたら?
6 原因って一体なに?どうして患者が増えてるの?
7 前立腺癌の腫瘍マーカーであるPSA検査とはどんな検査?
8 直腸診ってどうやってする?前立腺の何がわかるの?
9 ブラキセラピーとはどんな治療法?痛みや副作用はないの?
10 HIFU(高密度焦点式超音波療法)はどんな治療なの?


あわせて読みたい前立腺がんトピックス
前立腺肥大症と前立腺癌は何が違う?いずれは癌になるの?
手術にはどんな種類があるの?手術すれば再発はしない?
前立腺癌のホルモン療法とはどんな治療?治療に伴う副作用はないの?
前立腺癌の放射線治療にはどんな種類があるの?根治は期待できる?
治療は後遺症が避けられない?後遺症のリスクはあるの?
前立腺癌の進行具合を表すステージ(病期)はどうやって分類するの?
悪性度を決めるグリソンスコアとは?どうやって決めるの?